ディセンシア

MENU

乾燥肌・敏感肌専門ブランドがディセンシア

ディセンシアはポーラ・オルビスグループが敏感肌・乾燥肌のために立ち上げたブランドです。
なぜ、グループの既存ブランドで売らずに、わざわざ新会社を作ったかといえば、一人立ちするにふさわしい新技術があったから。
それがヴァイタサイクルヴェールです。

 

ヴァイタサイクルヴェールとは、ベントナイトという好物由来の板状粉末体が皮膚表層に擬似角質層=擬似バリア層を作り、傷んだ肌を見えないヴェールのように包んでくれる技術。

 

これが外からのアレルゲンや異物の侵入をシャットアウト。
さらに、肌からの水分潤いの蒸発にふたをして、保湿成分の「利き」をよくしてくれるのです。

 

この技術は特許を取得していて、当サイトでも、公表されている特許庁の広報を閲覧してみました。
そこに書いてあったことは、「炎症をしずめる」とか「保湿力に優れている」ということで、これはなかなかたいした技術です。

 

製品の広告では、「アトピーに…」というと薬事法に触れるので書かれていませんが、その技術について書かれた特許広報には
(以下抜粋引用)

 

本発明によれば、アトピー性皮膚炎の炎症を有意に抑制することができ、該炎症の発祥の予防に有効であり、低刺激性で日常的に使用することができる皮膚外用剤を提供することができる。

 

と書いてありました。

 

ディセンシアでは、敏感肌・乾燥肌にむけて販売をしていますが、これを読むと、アトピー肌の人にもいいんじゃない、と感じることができます。

 

アトピーに悩む美容専門家のディセンシア体験記

それでは、実際にアトピーの人がディセンシアを使ったらどうなるのか?

 

これについて、専門家が日記に書いています。

 

アトピー性皮膚炎患者として、美容ジャーナリストの端くれとして、どれだけ沢山のアトピー化粧品を試してきただろうか。(〜中略〜)

 

ディセンシア(つつむ フェイスクリーム R1)は、外部刺激のシャットアウトと徹底保湿でアトピー肌を積極的に綺麗にするための技術を持っている。

 

これはとてつもなく画期的な技術であり、 ディセンシアのコンセプトである、 「低刺激は当たり前。その先の肌を美しくするためのコスメ。」 を体現しているといえる。

 

単なる低刺激のレス処方化粧品は、 「肌にしみない」だけで肌を改善していく、さらには綺麗にしていく効果は弱い。

 

ディセンシアは外部刺激のシャットアウトと徹底保湿で アトピー肌を積極的に綺麗にするための技術を持っている、最もオススメしたいアトピー化粧品だ。

 

そして、その結果どうなったのでしょう?

 

私は地獄のような状態から劇的に改善できた。

 

と、なかなか画期的な結果を得たようです。
ただ、この方は、ディセンシアだけでなく、その間、食生活にも気をつけました。

 

申し上げたいのは、アトピー化粧品に頼るだけではダメ。
バリアしている間に主原因である食生活の改善を行うこと。

 

以下の努力を怠らないで欲しい。

 

※ジャンクフードをカロリーメイトなどのヘルスフードに切り替える。
※アレルゲン血液検査を行い、アレルゲンを把握し、そのような食を避ける努力をする。
※アトピー化粧品のような、無添加低刺激な化粧品を使用する。
※有酸素運動、低温サウナ、半身浴、炭酸泉など、内臓脂肪に汗をかき、代謝促進を意識する。

アトピー肌におすすめの化粧水や美容液・クリームのランキングはこちらからアトピー向け化粧水ランキング 

関連ページ

ファンケル
アトピー肌・乾燥肌・敏感肌でも安心して顔に使える化粧水としてファンケルの人気や評価は?
キュレル
アトピー肌・乾燥肌・敏感肌でも安心して顔に使える化粧水っとして花王「キュレル」の評価は?
無印
アトピー肌・乾燥肌・敏感肌でも安心して顔に使える化粧水として「無印」の評価は?
ちふれ
アトピー肌・乾燥肌・敏感肌でも安心して顔に使える化粧水として「ちふれ」が話題になっています。