アトピーのファンデーション

MENU

アトピーのファンデーション選びは?

つい最近までは、アトピーの人が医師に化粧をしても良いかと尋ねれば、症状が悪化するのでダメと言われるのが一般的でした。
しかし最近では、精神的な効果も見込めるので、節度を持って使う分にはOKという方向へシフトしています。
化粧品でも重要度の高いアイテムは、ファンデーションでしょう。

 

市販されているファンデーションは大きく、リキッドダイプとパウダータイプに分けられます。
よくネットなどではパウダータイプは肌にのりにくく刺激もあるので、アトピーにはリキッドタイプの方がオススメといった意見が多いようですが、結局は自分の好みの問題です。
ただし、色を選ぶ際は、首の色に合わせるのがポイントです。

アトピーに人はファンデーションをどう使うか?

パウダータイプを使う際は、パウダー用の大きめのパフを使うと、肌をこすらずムラなくつけられるので、アトピー悪化リスクを減らすことが可能です。
リキッドタイプでも、肌への負担が大きくならないよう、こすらないよう注意します。

 

また、アトピーの状態に応じて、ファンデーションも使い方を変える必要があります。
やや乾燥気味だけど肌の調子が良い時はフルメイクもOKですが、メイクを落として洗顔した後は、しっかり保湿することが大切です。

 

肌に赤みがあって少し炎症が見られる時は、パウダータイプのファンデーションで軽めのベースメイクにとどめるのが無難です。
目の周りに炎症がある場合、アイメイクは控えめにした方が良いでしょう。

 

さらに、アトピーが悪化し肌がジュクジュクしている時は、マスカラや口紅など、ポイントメイクにとどめ、薬と保湿剤だけで我慢です。
状態が悪い時は、肌をいたわるためにも、ファンデーションはお休みです。

アトピー肌におすすめの化粧水や美容液・クリームのランキングはこちらからアトピー向け化粧水ランキング