アトピー治療について

MENU
アトピー肌におすすめの化粧水や美容液・クリームのランキングはこちらからアトピー向け化粧水ランキング 

アトピー治療について記事一覧

 

阪南中央病院の皮膚科医師である佐藤健二先生は、『患者に学んだ成人型アトピー治療』の著者です。従来にない、画期的な治療方法の提唱者として、アトピー患者から熱い姿勢を注がれています。アトピーは、現在でも治療が困難な肌の病気と認識されていますが、佐藤健二先生も著書で、根源的な原因は「分からない」と正直に述べています。その上で、今の成人型アトピーの大半がステロイド症であり、アレルギーが関係している訳ではな...

 
 

薬が嫌いな人が、薬を使わないで、アトピーが治るというのなら、それに越した話はありません。皮膚炎に効果があるとされる食材は、日常的な食生活で食材にいくつかありますが、亜麻仁油もその一つです。いうまでもなく、亜麻仁油とは、亜麻の種子を原料に採れる油です。有用成分の中でも、アトピー治療に良いと考えられている成分は、α-リノレン酸とオメガ3脂肪酸です。α-リノレン酸には、リノール酸の働きをセーブする性質が...

 
 

漢方薬は飲み薬が主流となってはいますが、塗り薬もあります。紫雲膏(しうんこう)という軟膏は最近、アトピーにも効くということで評判になっています。紫雲膏とは、赤紫色をした塗り薬で、紫根(しこん)、当帰(とうき)の生薬を、ゴマ油、白蝋、豚脂と配合して調合されます。創案者は、19世紀の江戸時代末に、日本で初めて麻酔を用いた外科手術を行った花岡青洲です。基本的に、紫雲膏は、やけどやいぼ痔による痛み、切れ痔...

 
 

ルイボスティーは、南アフリカのセダルバーグ地方のみで生育します。現地では「奇跡のお茶」として利用され、日本でも最近、アトピーの改善などに効果的との評判が広まり、急激に認知度を高めています。ルイボス(rooiboss)とは現地の言葉で「赤いやぶの不思議」という意味です。葉を発酵させた茶葉は、鮮やかな赤みを帯びた色調で、一見すると紅茶のように見えます。成分を見ると、ルイボスティーには必須ミネラルが豊富...

 
 

ビオチンは、ビタミンHとも呼ばれ、カルボキシラーゼの補酵素として働く、生きる上で重要な成分です。欠乏することは滅多にないことなのですが、アトピーの人は不足することがままあります。ビオチンは、ブドウ糖、アミノ酸、脂肪酸などの代謝に関係しています。いずれの代謝システムも健康な肌を維持し育むために非常に重要であるので、不足すれば肌が荒れることになり、アトピー性皮膚炎の原因ともなってしまいます。ビオチンは...

 
 

アトピーを直すのに、ヨーグルトが効果的であるという人がいます。以前テレビで特集が組まれたことも、評判の高まりに拍車をかけたようです。イメージ的にも健康食品の一つであるとの認識が支配的で、いかにも効果がありそうだと期待を高めてくれます。ヨーグルトといえば、乳酸菌の宝庫として知られています。乳酸菌には便秘を改善する働きもあり、アトピーをはじめとする肌荒れの改善策の一環として、消費量は右肩上がりです。と...