アトピーに亜麻仁油

MENU

アトピーに亜麻仁油はどんな働きが?

薬が嫌いな人が、薬を使わないで、アトピーが治るというのなら、それに越した話はありません。
皮膚炎に効果があるとされる食材は、日常的な食生活で食材にいくつかありますが、亜麻仁油もその一つです。

 

いうまでもなく、亜麻仁油とは、亜麻の種子を原料に採れる油です。有用成分の中でも、アトピー治療に良いと考えられている成分は、α-リノレン酸とオメガ3脂肪酸です。

 

α-リノレン酸には、リノール酸の働きをセーブする性質があります。
リノール酸は、中性脂肪値や血中コレステロール値を下げる働きがあり、必須脂肪酸として重要なのですが、過剰に摂取すれば、アレルギー症状を悪化させたり大腸がんのリスクを高めたりと問題もあるのです。

 

亜麻仁油に豊富なα-リノレン酸の摂取で、リノール酸の暴走にブレーキをかける格好になり、アトピーの症状を結果的に緩和する効果が見込めます。また、オメガ3脂肪酸も、炎症を抑える働きがあります。

アトピーに亜麻仁油なら加熱は不要

ただし、亜麻仁油は、熱に弱い性質があるので、例えばサラダのドレッシングとして使うのがオススメです。

 

てんぷら油としては、アトピーのケアの観点からは不適でしょう。
また、空気に触れるとすぐに酸化してしまうので、使用後は容器のフタをきちんと閉め、使わない時は冷暗所に保管です。

 

亜麻仁油は、食品として使う他に、肌に直接塗る使い方もあります。
患部に直に塗るか、塗りにくければ、塗りやすく日常生活に比較的影響の少なさそうな手首に塗ってもOKです。
どこに塗ろうが、必要成分は体内に吸収され循環していくので、アトピー改善の助けになってくれます。
即効性はありませんが、安全に長期的なケアを続けられるのがメリットです。

アトピー肌におすすめの化粧水や美容液・クリームのランキングはこちらからアトピー向け化粧水ランキング 

関連ページ

佐藤健二医師の成人型アトピー治療とは?
皮膚科医師である佐藤健二先生は、『患者に学んだ成人型アトピー治療』の著者。従来にない、画期的な治療方法を提唱しています。
アトピーに使える漢方薬「紫雲膏」
もともとアトピーの治療薬ではありませんが紫雲膏はアトピーにも使えると口コミで評判です。
アトピーにルイボスティー
アトピーの人にルイボスティーが話題のワケとは?
アトピーにビオチン
ビオチンはアトピーの人が不足しがちな栄養素。
アトピーにヨーグルト
アトピーにはヨーグルトが効果的、と多くの人が実感しているようです。