アトピーにビオチン

MENU

ビオチンはアトピーの人が不足しがちな栄養素

ビオチンは、ビタミンHとも呼ばれ、カルボキシラーゼの補酵素として働く、生きる上で重要な成分です。
欠乏することは滅多にないことなのですが、アトピーの人は不足することがままあります。

 

ビオチンは、ブドウ糖、アミノ酸、脂肪酸などの代謝に関係しています。
いずれの代謝システムも健康な肌を維持し育むために非常に重要であるので、不足すれば肌が荒れることになり、アトピー性皮膚炎の原因ともなってしまいます。

 

ビオチンは、レバー、豆類、卵、乳製品、魚介類、落花生など広範な食品に多く含まれる成分です。食品の接種の他に、大腸の腸内細菌によっても合成されます。性質的に、熱に弱く水に容易に溶け出しやすいので、摂取効率は比較的悪い方です。
このように、通常の食生活で不足することは、非常にまれな成分です。

薬剤服用による欠乏症が心配なビオチン

ビオチンは、通常の食生活で不足することは、非常にまれな成分ですが、、薬剤の服用により欠乏症が現れることがあります。
主な欠乏症は、食欲不振、疲労感、結膜炎などで、アトピー体質の人は皮膚炎のリスクにも要注意です。

 

さらに、卵白障害といって、生卵白に含まれる糖たんぱく質のアビジンは、ビオチンと結合しやすい性質があり、多量接種で欠乏症が現れることがあります。
ただ、アビジンは過熱で活性を失うので、アトピーを念頭に置くなら、卵は加熱することで卵白障害を予防することが可能です。
ケーキを食べる時も一応、生クリームには注意した方が良いでしょう。

 

ちなみに、欧米では、皮膚炎防止策として、粉ミルクにビオチンを添加しています。
一方、日本ではこのような措置は許可されていません。
日本では、乳幼児のアトピー発症率が比較的高く見えるのも、この辺の事情に原因があるのかもしれません。

アトピー肌におすすめの化粧水や美容液・クリームのランキングはこちらからアトピー向け化粧水ランキング 

関連ページ

佐藤健二医師の成人型アトピー治療とは?
皮膚科医師である佐藤健二先生は、『患者に学んだ成人型アトピー治療』の著者。従来にない、画期的な治療方法を提唱しています。
アトピーに亜麻仁油
亜麻仁油とは亜麻の種子を原料に採れる油で、アトピー治療に良いといわれる成分が含まれています。
アトピーに使える漢方薬「紫雲膏」
もともとアトピーの治療薬ではありませんが紫雲膏はアトピーにも使えると口コミで評判です。
アトピーにルイボスティー
アトピーの人にルイボスティーが話題のワケとは?
アトピーにヨーグルト
アトピーにはヨーグルトが効果的、と多くの人が実感しているようです。