アトピーにヨーグルト

MENU

アトピーにヨーグルトが効果的?

アトピーを直すのに、ヨーグルトが効果的であるという人がいます。
以前テレビで特集が組まれたことも、評判の高まりに拍車をかけたようです。
イメージ的にも健康食品の一つであるとの認識が支配的で、いかにも効果がありそうだと期待を高めてくれます。

 

ヨーグルトといえば、乳酸菌の宝庫として知られています。
乳酸菌には便秘を改善する働きもあり、アトピーをはじめとする肌荒れの改善策の一環として、消費量は右肩上がりです。

 

ところで、腸内に悪玉菌が多くなると、ヘルパーT細胞のTh1よりTh2が優位になることが知られています。
Th2が働きすぎて抗体が多くなり過ぎると、免疫が過剰に反応し、アトピー性皮膚炎の症状が起こりやすくなります。

 

そこで、悪玉菌を抑え、善玉菌優位の状態に持っていくことが重要であるという発想になります。

ヨーグルトがアトピーにどう働きかけるか?

善玉菌が豊富なヨーグルトには、腸管免疫を高める作用があるため、バリア機能が正常化し、アトピーの予防・改善に効果的に作用します。

 

一般に、両親がアレルギー体質である場合、子どもに遺伝するケースは統計的に多いとされています。
ところが、アトピー症状のある妊婦が、ヨーグルト摂取で、アレルギー発症率を半減させたという報告があります。

 

また、小児に対しても、乳酸菌を取ることが、アレルギー症状の改善に有効であることも明らかになっています。
ヨーグルトを摂取した小児の多くが、皮膚炎やかゆみなどに改善効果が見られたとあります。

 

アトピーは、アレルギーの中でも、長期間の治療が必要な病気です。
ヨーグルトで乳酸菌を継続的に摂ることで、免疫バランスを整え、アトピー症状の改善につながることが期待できます。

アトピー肌におすすめの化粧水や美容液・クリームのランキングはこちらからアトピー向け化粧水ランキング 

関連ページ

佐藤健二医師の成人型アトピー治療とは?
皮膚科医師である佐藤健二先生は、『患者に学んだ成人型アトピー治療』の著者。従来にない、画期的な治療方法を提唱しています。
アトピーに亜麻仁油
亜麻仁油とは亜麻の種子を原料に採れる油で、アトピー治療に良いといわれる成分が含まれています。
アトピーに使える漢方薬「紫雲膏」
もともとアトピーの治療薬ではありませんが紫雲膏はアトピーにも使えると口コミで評判です。
アトピーにルイボスティー
アトピーの人にルイボスティーが話題のワケとは?
アトピーにビオチン
ビオチンはアトピーの人が不足しがちな栄養素。