アトピーはうつる?

MENU

アトピーがうつる、は間違い

アトピー性皮膚炎は、その痛々しい外観から、他人にうつると思われることが多いようですが、それは大いなる誤解です。
それが小児型であろうと成人型であろうと同様です。
アトピー菌なる細菌なりウイルスなりが存在する訳ではあるまいし、感染症とは全く次元の異なった話です。

 

ただし、うつることはないといっても、多分に遺伝的な要素があるのは確実なようです。
それでも、両親のいずれか1人がアトピーだからといって、子どももそうなるとは必ずしも限らないので、生活環境など後天的な要素が大きいと言えます。

環境によって「うつる」ように見えることも…

もっとも、例えば、同居している家族が、食物、ハウスダスト、花粉などの環境因子に対し、皮膚や粘膜が過剰反応を起こして、じんましんや皮膚炎などに、一家そろってかかることは、多々あることです。
こうした現象も、うつると誤解を招く原因となっているようです。

 

ついでにいえば、アトピー肌の人は、肌の潤いを保つ成分であるセラミド量が元々少なく、バリア機能が壊れている状態にあります。
したがって、細菌やウイルスの感染により何らかの皮膚炎にかかるリスクは高く、それが感染症であれば、うつることはあり得ます。
うつる肌の病気として、例えば、ヘルペスウイルス感染症、主に子供がかかる病気ですが水疱瘡などが挙げられます。
かりに、肌に水泡などの異変が見られた場合、感染症の可能性があるので、すぐに皮膚科を受診する必要があります。

 

結論としては、アトピー体質はあくまでも本人の問題なのであって、他人にうつることは全くないということです。
それよりも、肌のバリア機能が弱いことを意識し、他の皮膚疾患へのリスクを念頭に置くことが大切です。

アトピー肌におすすめの化粧水や美容液・クリームのランキングはこちらからアトピー向け化粧水ランキング